OUTLOOKといえばご存じMicrosoft Officeに含まれているメールソフトです。
最新版はOUTLOOK2016です。

最近、このOUTLOOK2016で立て続けにメールの設定に失敗するケースに遭遇しましたので対処方法を覚え書き。

現象
・OUTLOOK2016を初めて起動したときのようこその画面にバージョンの表記がない。

OUTLOOKのバージョン表記がないようこそ画面

「OUTLOOK2016へようこそ」ではなく「OUTLOOKへようこそ」と表示されている。
この画面でいつものようにメールアカウント設定をしても最終的には失敗します。
また、次回からはOUTLOOKの起動でエラーが発生するようになります。

ちなみに本来の画面はこちら
OUTLOOK2016の本来のようこそ画面

 

原因
「OUTLOOKへようこそ」の画面はMicrosoftExchangeServer用のアカウントを作成する画面です。
※MicrosoftExchangeServer…マイクロソフトの開発したグループウェア / 電子メール製品。

OUTLOOK2016ではなぜか通常のメール設定画面ではなくこちらの設定画面がでてきます。

普段のメール設定と思って入力するものの、実はそれはMicrosoftExchangeServer向けの設定で、
入力したメールサーバー名のMicrosoftExchangeServerはもちろん存在せず設定は失敗。
しかもその不完全な設定が残って次からは起動もできなくなるという罠。

対処
一番いいのは「OUTLOOKへようこそ」が出た時点で「×」でOUTLOOKを終了し、コントロールパネルからOUTLOOKのメールアカウント設定をすることです。

Windows10だと最近のUpdateで スタートボタン右クリック→コントロールパネル が使えなくなりました。
コントローパネルは スタートメニュー→Windowsシステムツール→コントロールパネル とたどらなくてはなりません。

コントロールパネルが表示されたら表示方法をカテゴリ→大きいアイコンに変更します。
コントロールパネルからOUTLOOKの設定を呼び出す

表示の中から「Mail(Microsoft Outlook 2016)」または「Mail(Microsoft Outlook 2016)(32ビット)」をクリック
コントロールパネルからOUTLOOKの設定を呼び出す

メール設定から「プロファイルの表示」をクリック
コントロールパネルからOUTLOOKプロファイル設定

メールから「追加」をクリック、適当な名前を入力します。
コントロールパネルからOUTLOOKプロファイル追加

すると、いつものメールアカウント設定画面が出てくるのでぐりぐり設定。
コントロールパネルからOUTLOOKメールアカウント設定

完了して戻ったメールの画面で、Microsoft OUTLOOKの起動時に使用するプロファイルの「常に使用するプロファイル」に新たに作成したプロファイルを指定し、OKで終了。

OUTLOOKを起動すると、指定のプロファイルを読み込んで起動します。

とは言え、この記事をお読みになる方はほとんどがやられちゃった後、アカウント設定もできない、起動もできないという状態かとおもいます。
その場合は コントロールパネル→Mail(Microsoft Outlook 2016)→メール設定→プロファイルの表示 で既存のプロファイルを削除して新しいプロファイルを作成してください。

参考になれば幸いです。