大阪市/堺市他周辺市町村出張無料のITサポート恵です。

スマレジ‐BASE在庫連携サービス

本サービスについて

スマレジアプリマーケット から利用開始の手続きができます。
※アプリの稼働にはスマレジアプリマーケットからの申し込み後、アプリ新規登録ページからアカウント登録と設定が必要です。

サービスの概要

クラウドPOSレジシステム スマレジ
ネットショップを簡単に始められるサービス BASE

弊社のサービスはスマレジの在庫変動をBASEに反映することで実店舗とネットショップの在庫融合を促進し、販売機会の確実な獲得に貢献します 。

スマレジでの在庫増減をBASEに反映します。BASEの受注をスマレジに取り込みます。ネットでの売り越しを防止し、スマレジで実店舗とネットショップの在庫一元管理ができます。事務的な業務を自動化し、接客や店舗整備など売り上げをお客様の満足度や売り上げを向上する業務に専念する時間を増やします。
※スマレジ管理画面での在庫調整アップロードによる在庫増減は処理の対象外です。

下記の条件が成り立つ商品で在庫連携が可能です。

スマレジ[商品コード] = BASE[JAN/GTIN]

BASEは「商品コード」Appの導入が必須です。

※一度経験したスマレジとBASEの商品の紐づけは記憶します。商品IDや商品コード、型番の使いまわしや商品の二重登録、商品IDと商品コード/JAN/GTINの関係が変わるような商品の変更は在庫連携エラーや想定外の商品への在庫反映、目的と違う商品としての受注取込などの原因となります。

在庫増減のルール

売り越し防止の観点から、下記の通りのルールでスマレジの在庫変動を取り扱います。

《在庫が減った場合》
在庫の減少数を反映します。BASEの在庫数がスマレジ在庫の減少数より少ない場合はBASEの在庫数を0にします。

《在庫が増えた場合》
在庫が増減した結果の、その店舗/倉庫のスマレジ在庫数によって扱いが変化します。

・在庫数が在庫が増えた数より多い場合
→在庫の増加数を反映します。
通常のケースです。変化する前の在庫数が正の数の場合です。

・在庫数が0より大きいが、在庫が増えた数よりは少ない場合
→在庫数を在庫の増加数として反映します。
(例)在庫数が5増加、スマレジ在庫数は3 → 3増加として反映します。
マイナス在庫が発生していたが解消したケースです。

・在庫数が0以下の場合
→在庫増は通知しません。
(例)在庫数が3増加、スマレジ在庫数は-2 → 反映しません。ネットショップの在庫は変化しません。
マイナス在庫が発生しており、解消していないケースです。

管理画面ログイン
新規登録

マニュアル・関連記事

BASE注文取込設定

在庫連携サービスに戻る

パソコン設定、トラブル解決、スマホ/タブレットも対応 1時間7,500円~ chatwork LINE友だち追加訪問サポート可能日時 土日祝日 9:30 - 18:00 平日19:00~21:00 [ 年末年始・GW・お盆除く ] WEBからのお問い合わせは24時間365日受付

PAGETOP
Copyright © ITサポート恵 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.